スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<1票の格差>昨年の総選挙「違法」と指摘 広島高裁の判決(毎日新聞)

 「1票の格差」が最大2.3倍となった09年8月30日投開票の衆院選は、法の下の平等を定めた憲法に反するとして、広島市中区の有権者の男性が広島1区の選挙無効を求めた訴訟の判決が25日、広島高裁であった。広田聡裁判長は「選挙全体が2.3倍の格差で行われた違憲選挙であり、この格差は憲法の基本理念から容認できない。その中であった広島1区も違法」と指摘したうえで、選挙無効とすれば公共の福祉に反するとして選挙自体は有効とし、請求を棄却した。

 8月の衆院選小選挙区の「1票の格差」をめぐる訴訟では、09年12月の大阪高裁判決に続く違憲判断。同衆院選小選挙区の1選挙区当たりの有権者数は、最小の高知3区と最大の千葉4区との間に2.3倍、広島1区とは1.47倍の格差があった。東京の弁護士グループらが全国8高裁・支部に提訴していた。

 衆院選挙区画定審議会設置法(94年2月施行)によると、小選挙区の区割りは、定数300のうち47を各都道府県に一つずつ割り当て、残りを人口比で振り分ける「1人別枠方式」を採用。最大選挙区の人口が最少区の2倍以上にならないことが基本とされる。02年8月の定数是正で2倍以上の選挙区は95から9に減ったが、今回は45に増えた。

 広田裁判長は「投票価値の平等は憲法の基本理念で、国会が定めた具体的仕組みがこの憲法理念に反するため是認できない場合は違憲、違法となる」と判断。さらに、「1人別枠方式は08年の選挙の前に合理性、正当性を失っていた。国会が格差の是正を行ってきたことから、広島1区の選挙は違法である」と国会の責任を強く指摘した。

 公職選挙法により、国政選挙の無効確認訴訟の1審は高裁で行われる。最高裁判例は、衆院選で格差が3倍を超えた場合、違憲か違憲状態と指摘しており、最大2.17倍だった05年衆院選について最高裁は07年6月、「合憲」と判断していた。【寺岡俊】

【関連ニュース】
1票の格差:双方とも上告 「違憲判断」大阪高裁判決で
8月衆院選:1票の格差「違憲状態解消すべきだ」官房長官
8月衆院選:違憲判決に原告側「歴史的、すさまじい」
8月衆院選:格差2倍で「違憲」 選挙は有効 大阪高裁
1票の格差:4.986倍 前年より拡大

沖縄知事も「県外」表明を=稲嶺氏(時事通信)
石川容疑者支援会合への出席を総務政務官が正当化(産経新聞)
小沢氏会見 語気強め裏献金否定(産経新聞)
寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
篠山紀信さん違法性認める=公然わいせつ容疑で書類送検へ-屋外ヌード写真集撮影(時事通信)
スポンサーサイト

車内から「重傷者」救出=災害救助犬の実践訓練-神奈川県警(時事通信)

 災害でがれきなどに埋もれた人を探す災害救助犬の実践訓練が27日、横浜市内で行われた。折り重なった自動車の中からの救助を想定。神奈川県警の15署に配置されている広域緊急援助隊員が、救助犬と連携し「重傷者」を救出した。
 参加した救助犬はアカネ号など5頭。隊員らは、指導官から「生きている人間のにおい、鼓動などにしか反応しない」などと、災害救助犬の特性について説明を受けた。
 災害救助犬は近年、運用範囲が広まり、ハイチ地震でも奇跡的に生存者を発見するなど活躍している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔用語解説〕「国連ハイチ安定化派遣団」
ハイチ再建、10年以上必要=今後の関心低下警告
タカタ、ハイチ地震に義援金500万円
ハイチPKOに自衛隊派遣=7000万ドルを追加支援

押尾容疑者を保護責任者遺棄致死罪で起訴(産経新聞)
規正法改正案、3月にも策定=今国会成立目指す-民主(時事通信)
大阪府内の私立高専願率が7年ぶりに上昇(産経新聞)
「人だったかも」24km引きずり死容疑者供述(読売新聞)
東金女児殺害、弁護士が独自鑑定「犯行不可能」(読売新聞)

小沢幹事長、聴取後に会見 「不正な金受け取っていない」(J-CASTニュース)

 資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐって、東京地検特捜部から事情聴取を受けた民主党の小沢一郎幹事長が2010年1月23日夜、東京都内のホテルで記者会見を開いた。会見場には約500人の報道陣が詰め掛けた。小沢幹事長は落ち着いた表情で「私は不正な金を一切受け取っていない」と強調した。

 20時15分すぎから始まった会見で、小沢幹事長は東京地検の事情聴取の内容について説明。地検から東京・深沢の土地購入に関する資金と政治資金収支報告書についてたずねられたことを明かした。

■報告書不記載への関与を否定

 土地取引の原資については、

  「後援会に当時あった資金をすべて土地購入にあてると、後援会の活動資金がなくなってしまうため、私の個人的な資金を提供・貸付することになった」

と説明。報告書の記載については、

  「土地の原資の貸付とそれを買うこと、それが私が決めたすべてで、その後の具体的な実務についてまでは立ち入って関与していない」

と不記載についての自らの関与を否定した。

 質疑応答では、「水谷建設から小沢事務所への金銭の流れについて検察から聞かれたか」と記者が質問。小沢幹事長はそのような問いが検事からあったことを認めたうえで、  「私はそのような不正な金は、水谷建設はもちろん、ほかの会社からも一切受け取っていない。私の秘書や秘書だった者も不正な金を受け取っていないと確信していると申し上げた」

と答えた。

■「私の説明を真剣に聞いていただいた」

 また読売新聞が1月20日夕刊一面で「小沢氏、4億不記載了承」という記事を掲載したことに関連して、逮捕されている元秘書たちの供述について検察から聞かれたかという質問も出た。小沢幹事長は、

  「石川議員を始めとする3人の供述内容の話は一切なかった」

と説明。「現在の報道や検察の捜査についてどう思うか」という質問に対しては、

  「できるだけ公正、冷静に報道していただきたい。検察は準司法的な立場なので、ぜひ公正な捜査を行っていただきたい。今日は私の知っていることをすべて話したが、私の説明を真剣に聞いていただいたことは間違いないと思う」

と話した。

 これまで民主党で開かれていた定例会見とはうってかわり、小沢幹事長は終始冷静な語り口。会見場の新聞記者の間からは「落ち着いているなあ」という感想がもれていた。

 小沢幹事長は今後も幹事長を続投する意思を改めて表明。同席した弁護士からは、毎週月曜に開かれている定例会見も継続するとの説明があった。


■関連記事
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か : 2010/01/19
小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか : 2010/01/18
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」 : 2010/01/21
小沢一郎改造計画 「聴取」と「言行不一致」の関係 : 2010/01/23
「お笑いブーム」ギャル界では↑ 理想の男性も「面白い人」 : 2010/01/22

「石川容疑者が起訴されないことを望む」…首相(読売新聞)
野菜いっぱい!スザンヌ家の「だご汁」披露(読売新聞)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
【from Editor】今年は青森がブレーク?(産経新聞)
16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望(産経新聞)

小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日夜、資金管理団体の政治資金規正法違反事件に関する東京地検特捜部の任意の事情聴取後、都内のホテルで記者会見し、「自分自身としては与えられた職責をまっとうしていきたい」と述べ、幹事長の職務を続投する考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

店員は柔道経験者…客も連携、コンビニ強盗を逮捕(産経新聞)
「高卒までに喫煙」45.9% 半数が吸って後悔(産経新聞)
DNA追及され再び「自白」…足利事件テープ(読売新聞)
小沢氏の国会招致に消極的=鳩山首相(時事通信)
小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)

小沢氏を事情聴取=原資など説明求める-虚偽記載関与を捜査へ・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏を任意で事情聴取した。政治資金規正法違反容疑で逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)らによる収支報告書への虚偽記載に対する認識や、土地購入代の原資について、詳しい説明を求めたとみられる。
 特捜部は、小沢氏側がゼネコンから資金提供を受けていたとみて、石川容疑者らの取り調べを続ける一方、事件への小沢氏の関与についても今後、捜査を進めるもようだ。
 関係者によると、聴取は東京都千代田区のホテルで、4時間以上にわたって行われた。小沢氏は終了後、午後8時ごろから、同ホテルで記者会見する。 

酔って壁をけり壊した容疑、千葉県室長を逮捕(読売新聞)
<原口総務相>検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明(毎日新聞)
英語リスニング198人再テスト…センター試験(読売新聞)
<訃報>笹野舟橋さん87歳=書家、毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
<SL>「C61形20号機」修復へ 群馬の遊園地で展示(毎日新聞)

<資金提供>「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、04年に石川知裕容疑者に5000万円を渡したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)元幹部が「提供資金は後で元請けから補てんされた」と東京地検特捜部に説明していることが分かった。国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)を受注した元請けの大手ゼネコンが、工事費に同額分を上乗せし下請けの水谷建設に支払ったという。

 元幹部が「資金提供分の補てんが約束されていた」と説明していることは既に判明していたが、新たな証言により巧妙な穴埋めシステムが存在していた疑惑が浮かんだ。

 関係者によると、水谷建設元幹部は03年ごろ、東北地方の談合の仕切り役とされた鹿島東北支店幹部(当時)から「小沢事務所にあいさつに行ったほうがいい」とアドバイスされ、大久保隆規容疑者と面会。その後、大久保秘書の要請に基づき、04年10月に東京都内のホテルで石川議員に5000万円を渡したと特捜部に説明したとされる。

 5000万円は、鹿島など3社の共同企業体が落札した胆沢ダム「堤体盛立工事」を水谷建設が下請け受注した謝礼とされ、元幹部は特捜部に「元請けの大手ゼネコンが後で補てんしてくれた」と説明。元請けは工事費を約5000万円水増しして水谷建設に下請け発注し、提供資金分を穴埋めするシステムだったという。

【関連ニュース】
虚偽記載容疑:3人の拘置決定 「陸山会」の土地購入巡り
石川衆院議員:規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
陸山会会計処理:石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書

「無実」を聞いてもらいたい…菅家さん会見(読売新聞)
外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言-法相懇談会(時事通信)
人事で鳩山カラー? 憲法解釈論議も“小沢手法”か(産経新聞)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
不合格者に合格書類 首都大東京、謝罪も「不合格は変わらない」(産経新聞)

小沢氏側、聴取応諾を回答=東京地検と調整、週内にも-妻にも要請・規正法違反事件(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏側が東京地検特捜部に対し、任意の事情聴取に応じる意向を伝えたことが19日、関係者の話で分かった。弁護士を通じて同日回答し、日程調整に入った。早ければ今週後半にも、聴取が行われる公算が大きくなった。
 事情聴取で特捜部は、陸山会の土地購入に充てられた4億円の原資や、政治資金収支報告書への虚偽記載の認識などについて、小沢氏に説明を求めるとみられる。
 一方、特捜部は同日までに、小沢氏の妻に事情聴取を要請したもようだ。
 関係者によると、特捜部は小沢氏側に対し、少なくとも4時間の事情聴取時間を確保するよう要請した。同氏側は聴取を受けるのは1回に限り、再聴取要請には応じない方針という。妻の聴取については、同氏の聴取後に応じるかどうかを検討するが、現状では消極姿勢とみられる。
 小沢氏は18日に弁護士らと協議した結果、聴取に応じる方針を固めていた。
 小沢氏側は、聴取への対応策の検討に、少なくとも数日間の準備期間が必要としている。このため、今週後半以降に行われる方向で日程調整が進められているもようだ。
 小沢氏は16日の党大会で、4億円の原資について、「口座に積み立ててきた個人の資金」と説明。特捜部がこの口座を調べたところ、土地購入の約6年前の1998年ごろ、約3億円が引き出されていたことが判明している。
 特捜部は、小沢氏がなぜ3億円を6年間も現金で保管していたのか、差額の1億円はどう調達したのかなどについて、詳しい事情を聴くとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

俳優の柳楽優弥さん結婚(時事通信)
少年らの氏名、HPに誤掲載=万引きで摘発49人分-愛媛県警(時事通信)
慢性期病院の認定審査を開始―日慢協が4月から(医療介護CBニュース)
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明(J-CASTニュース)

<河野太郎氏>青木氏出馬表明に「古い自民の代表」(毎日新聞)

 自民党の河野太郎国際局長は18日、青木幹雄前参院議員会長の参院選立候補表明を受け、自身のブログで「自民党が新しく再生していかなければならないこの時期に、古い自民党を代表する議員をあえて公認することに断固反対」と批判した。河野氏は昨年の党総裁選で、青木氏に「引退勧告」した。【中田卓二】

【関連ニュース】
自民党:青木氏が出馬表明 高齢批判に反論
自民党:参院選懸案抱え越年…「土改連」など結論出ず
野中広務氏:土改連の会長職辞任も 予算確保と引き換え
事業仕分け:自民・河野氏が視察「うらやましい」
気になる2人:/4 舛添要一前厚労相/河野太郎元副法相

インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言(医療介護CBニュース)
日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
衆院代表質問 政治資金問題で大島氏「自浄能力問われる」(産経新聞)
<橋下知事>支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)
<三木市長選>薮本吉秀氏が再選(毎日新聞)
プロフィール

Author:うしおだてつさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。