スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<水俣病>関東移住の未認定患者23人が提訴(毎日新聞)

 水俣病が発生した熊本、鹿児島両県から関東などに移住した水俣病未認定患者23人が23日、「健康調査を行わず、救済しなかった」などとして、国や熊本県、原因企業チッソ(東京)を相手取り、1人当たり850万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。現在、熊本地裁では未認定患者団体「水俣病不知火患者会」と国などの間で和解協議が進んでおり、今回の原告もその内容次第で和解協議に応じるとみられる。

 原告は東京、千葉、神奈川、埼玉、静岡の5都県に移り住んだ35~77歳の男女で、いずれも患者会の会員。このうち、13人は患者会が今月7日、都内で実施した健康調査を受け、水俣病の疑いがあると診断された。

 診断を受け提訴を決意した東京都八王子市の派遣社員、小山顕治さん(61)は、16歳まで熊本県河浦町(現・天草市)で暮らし、毎日2回は魚を食べていたという。40代半ばから手足がしびれることがあったが、原因は不明だったという。「私と同じように熊本を離れて、水俣病と気付いていない人がいるはずだ」と訴えた。

 患者会は熊本、大阪地裁でも同様の訴訟を起こし、熊本地裁では和解協議が進んでいる。尾崎俊之弁護団長は「熊本地裁での和解が実のある内容ならば、今回の訴訟でも反映させたい」と話した。小沢鋭仁環境相は23日の閣議後会見で、東京訴訟も和解協議に入るのが望ましいとの見解を示した。チッソは「訴状を見ていないので、現時点で申し上げることはない」としている。【足立旬子】

【関連ニュース】
水俣病:第三者委で判定 国が提案、患者会側は前向き
水俣病:関東移住の46人に疑い 東京で検診
水俣病:救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体
水俣病訴訟:和解協議始まる 不知火患者会と被告
水俣病訴訟:熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に

【巨竜むさぼる 中国式「資源」獲得術】第2部 親中の現実(5)(産経新聞)
<入管汚職>芸能家招へい会社社長に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
バス接触の女性死亡、運転士を逮捕 大阪(産経新聞)
まちを彩る和傘と竹の明かり=熊本〔地域〕(時事通信)
小沢幹事長あて郵便物から銃弾?(読売新聞)
スポンサーサイト

内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%-文科省(時事通信)

 今春卒業を予定する高校生の就職内定率が昨年12月末時点で前年同期比7.5ポイント減の74.8%だったことが23日、文部科学省の調査で分かった。この時期の内定率は2年連続で悪化し、下落幅は過去最大。最近では2004年12月末に次ぐ低い水準となった。
 調査は、教育委員会などを通じ全国の高卒予定者の状況をまとめた。就職希望の18万3223人のうち、内定を得たのは13万7128人。残る4万6095人は就職先が決まっていなかった。
 内定率は男子が7.3ポイント減の79.7%、女子が7.8ポイント減の68.5%。都道府県別では沖縄の46.0%から富山の91.0%まで差が付いた。
 学科別にみると看護科が50・0%、普通科が65.1%で苦戦。高かったのは工業科の88.4%、福祉科の80.6%などだった。 

【関連ニュース】
就職内定、大卒73%、高卒68%=悪化幅は過去最大
業界トップクラスに集中=就職先人気ランキング
高校生、内定率12ポイント減=10月末も下落幅最大
大卒就職内定率、62.5%=過去3番目の低さ、下落幅は過去最大
高卒就職内定率、13ポイント低下=37%、過去最大の下落

おいしい・ヘルシー…お役所食堂の人気上昇(読売新聞)
長崎知事選 与党談話(産経新聞)
北教組事件 連合、公選法順守徹底確認 参院選控え「火消し」(産経新聞)
北海道の飼料会社で溶接作業中に爆発、7人病院へ(読売新聞)
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討-福知山線事故(時事通信)

<長谷川等伯>特別展23日開幕 東京国立博物館で(毎日新聞)

 安土桃山時代の絵師、長谷川等伯(1539~1610)の作品を一堂に集めた「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(主催・東京国立博物館、毎日新聞社、NHKほか)の開会式と内覧会が22日、東京・上野の東京国立博物館であった。23日に開幕し、3月22日まで(最終日を除き月曜休館)。

 同展には、日本の水墨画の最高峰といわれる「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」、京都・智積院(ちしゃくいん)所蔵の金碧(きんぺき)障壁画「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」など国宝3件、重要文化財27件を含む73件が出展される。

 開会式で銭谷真美・東京国立博物館長は「国内の等伯作品をできる限り網羅し、等伯の全貌(ぜんぼう)を一挙に公開する史上最大規模の大回顧展です。魅力あふれる作品の数々をぜひ堪能していただきたい」とあいさつした。

 内覧会には約1900人が出席。等伯ファンで等伯を主人公にした歌舞伎を構想しているという歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんも訪れ、2時間近くかけて松林図屏風などの作品に熱心に見入っていた。【森本英彦】

【関連ニュース】
長谷川等伯展:展示作業行われる 東京国立博物館
国宝土偶展:入場者10万人を突破 2月21日まで開催
長谷川等伯展:出品の国宝2点搬出 京都・智積院から
皇后さま:「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館
「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気

HISのハステンボス支援 破綻回避の暫定的措置?(J-CASTニュース)
「セクシー系」アプリ続々削除 アップルに開発者がブーイング(J-CASTニュース)
IT株巡るインサイダー取引、生保元社員ら認める(読売新聞)
政調復活に慎重=前原国交相(時事通信)
道路整備保全公社 上乗せ「利益」納付も 「調査に基づき判断」(産経新聞)

第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職-新潟(時事通信)

 第四銀行(新潟市中央区)は19日、糸魚川支店に勤務していた40代の女性行員が、現金自動預払機(ATM)補充用の現金など計900万円を着服したため、12日付で懲戒免職処分にしたと発表した。既に全額弁済されており、同行は女性を告訴しない方針。
 同行によると、女性は同支店で、店内で扱う現金の管理を1人で担当。2007年6月から今年1月までの間、計7回にわたりATMに補充する現金の一部を抜き取るなどして着服、借金の返済や生活費に充てていた。1月6日、同じ職場に長期間勤務する職員を対象にした内部調査で、着服が発覚したという。 

【関連ニュース】
元県職員に有罪=道路回数券着服
ノリタケ元社員を逮捕=「着服金、競馬に使った」
ノリタケ元社員を逮捕へ=9100万円着服で告訴
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円
生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職

<「リニモ」>停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車(毎日新聞)
「発言、信ぴょう性欠ける」=元朝青龍関問題で中間報告-相撲協会(時事通信)
葛西、越らに同世代がエール 「一発ガツン」輝けアラフォー期待 (産経新聞)
開府400年 記念展に荒俣宏さん 名古屋(毎日新聞)
偽装ラブホテルを捜索 “器具隠せ”のメモも 大阪(産経新聞)

<直木賞>選考委員、五木寛之さんが辞意(毎日新聞)

 直木賞選考委員を務める作家の五木寛之さんが、選考委員を辞任する意向を示していることが分かった。19日発売の日刊ゲンダイの連載エッセーで明らかにした。

 エッセーによると、22日発売の「オール読物」3月号(文芸春秋)に掲載される選評の中で、受賞作の一つ、佐々木譲さんの「廃墟(はいきょ)に乞う」について「大きな間違いをした」として、文芸春秋に辞任を申し出たという。同社は、選評で五木さんは「破顔した」という表現に触れたが、佐々木さんの作品中にはない勘違いだったと説明している。五木さんがミスに気づき連絡したが訂正は間に合わなかった。同社は「現在は強く慰留しているところです」と話している。

【関連ニュース】
直木賞:佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし
芥川賞:該当作品なし 99年上半期以来
芥川賞候補:大森兄弟、共作で初 直木賞は白石さんら6氏
芥川・直木賞:候補作発表…芥川賞は津村さん3回連続
大森兄弟:芥川賞候補で注目 共作で魂を描けるか

マンション女性変死 強盗殺人で知人の男を逮捕 大阪・河内長野(産経新聞)
民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
美沙さんの告別式=親族ら、最後の別れ-石巻・3人殺傷(時事通信)
<著作権代行会社>訴訟あっせんで報酬か 非弁活動容疑(毎日新聞)
予算案、月内の衆院通過断念=民主国対委員長(時事通信)

自販機荒らし現行犯、雪の足跡で弟も捕まる(読売新聞)

 北海道警深川署は14日、旭川市台場2の3、無職渡辺浩昭容疑者(46)を特殊開錠用具所持禁止法(ピッキング防止法)違反容疑で現行犯逮捕し、同居する弟の無職浩二容疑者(39)を窃盗未遂容疑で緊急逮捕した。

 浩昭、浩二両容疑者は容疑を認め、「昨年4月から自販機荒らしを100件くらいやった」と話しているため、同署が裏付けを進める。

 発表によると、浩昭容疑者は同日午前2時10分頃、深川市内の自販機付近で窃盗目的でバールを所持し、浩二容疑者はこの自販機から現金を盗み出そうとした疑い。

 パトロール中の同署員が不審な様子の浩昭容疑者を見つけて職務質問。所持品から解錠器具が見つかり、雪の上に別人の足跡があったため、警察官十数人で足跡を追跡。約4キロ離れた田んぼを逃走中の浩二容疑者を見つけた。

<民事再生法違反>容疑のIT会社元副社長らを逮捕 警視庁(毎日新聞)
<詩音被告>ケタミン使用有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
陸上部への移設 名護市長は反対 基地問題、首相と会談(産経新聞)
銀メダル長島、ドリカム吉田に並ぶ!!(スポーツ報知)
<普天間移設>名護市長、「シュワブ陸上拒否」(毎日新聞)

道路予算、陳情の有無で格差=民主版個所付け資料の全容判明(時事通信)

 国土交通省が民主党に提示した2010年度公共事業予算の個別配分額(個所付け)に関する資料の全容が15日、判明した。直轄道路事業のうち、概算要求段階から予算が増額されたのは、知事や同党都道府県連からの陳情があった事業がほとんどを占め、陳情の有無で予算配分に格差が付いていることが分かった。
 先月末に国交省が同党に示した個所付け資料は、政府が10日の衆院予算委員会理事会に提出した公共事業予算仮配分の資料とは異なり、「知事・県連等要望あり」と各事業ごとに陳情があったかどうか記載していた。このため、自民党などは国交省の資料も要求し、政府が15日の同委理事会に提出した。 

【関連ニュース】
消費税上げ「国民に信を問う」=予算の衆院通過後に議論
自民・川崎氏、石川議員の辞職勧告案の採決要求=民自公の国対委員長が会談
個所付け資料、民主分とは別と前原国交相=自民反発し「原本」要求
邦夫氏が質問評価=首相実母からの資金提供
自民、首相実母への出張尋問も=民主、「人道問題」と拒否

鳩山首相、メンバーから除外=「オブザーバー」参加に-国・地方協議で最終案・政府(時事通信)
<石川知裕議員>近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)
<公訴時効見直し>公布の日に施行 法務省、改正案概要提示(毎日新聞)
<山岳遭難>山スキーの4人を発見、下山へ 長野・栂池高原(毎日新聞)
大阪府北部で震度3(時事通信)

16億7千万脱税容疑、コリンシアン元社長を逮捕(読売新聞)

 旧グッドウィル・グループ(GWG)による人材派遣会社買収を仲介した投資事業会社「コリンシアンパートナーズ」(東京都港区)の脱税事件で、東京地検特捜部は10日、韓国で身柄を拘束されていた同社元社長の公認会計士・中村秀夫容疑者(52)の身柄の引き渡しを受け、法人税法違反容疑で逮捕、国内に移送した。

 発表などによると、コ社はGWGによる人材派遣会社「クリスタル」の買収を仲介した際、約180億円とクリスタル株5680株を得たが、中村容疑者はこのうち2008年4月期の法人所得約55億9400万円を隠し、法人税約16億7000万円を脱税した疑いが持たれている。

 一連の取引は、中村容疑者が主導。わずか1か月で話をまとめ、巨額の利益を手にした。取引後に中村容疑者から誘われてコ社に参加し、共犯として起訴された元代表取締役鬼頭和孝被告(35)は昨年1月、「運が良かったんだ」と語っていた。

 中村容疑者と鬼頭被告はこうして得た巨額資金で、大証2部上場の住宅建築会社などへの投資に乗り出した。鬼頭被告によると、中村容疑者は、上場企業のオーナーになりたがっていた。「来る者は拒まず、周囲が持ってきた投資話に次々と乗っていた」という。

 しかし、投資はうまく行かず、納税資金にも窮するようになっていった。そこで手元に残ったクリスタル株を売却することで、現金を作ろうと考えたが、売却先はなかなか見つからなかった。このため2人は、クリスタル株などを香港ファンドに安値で売却したかのように装い、所得を隠したとみられている。

石川被告の進退で「党の判断も」 鳩山首相が予算委で言及(産経新聞)
NHK評価委員会が指標作成(産経新聞)
無職少年「沙耶さんの姉狙った」…石巻3人殺傷(読売新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(1)“アトム”が救う近未来(産経新聞)
<石巻2人刺殺>「姉が邪魔だ」18歳少年が周囲に(毎日新聞)

桜の名所、人気トップは吉野山=知りたい情報は「満開日」-ウェザーニューズ調査(時事通信)

 桜の名所で行ってみたいのは吉野山、気になるのは満開日-。民間気象会社ウェザーニューズは12日、桜に関する意識調査の結果を発表した。名所では、奈良県の吉野山(奥千本)が圧倒的な支持を集め、2位以下に大差をつけた。
 調査は同社の携帯サイト利用者を対象に実施、約6万4000人の有効回答を集計した。
 行ってみたい桜の名所が「ある」と答えた人(約3万4000人)に、その名所を挙げてもらったところ、1位は吉野山(奥千本)で7021票を獲得。2位は長野・高遠城址公園4211票、3位は青森・弘前公園3806票、4位は京都御苑(イトザクラ)3462票、5位は東京・上野公園2401票だった。
 開花日など桜に関するどんな予想情報が欲しいか(複数回答)では、「満開」が4万5464人で圧倒的トップ。次いで「桜吹雪」2万7825人、「五分咲き」2万6000人、「1輪開花」2万226人の順で、桜の開花の目安とされる「5~6輪咲き」(1万4288人)よりも最初の1輪が咲く日の方がニーズが高かった。 

【関連ニュース】
桜開花、平年より早め=ウェザーマップ、初の発表
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず
桜の開花予想を終了=「民間が充実」と気象庁-54年の歴史に幕
〔地球の風景〕和装で楽しむSAKURA=米国

<シー・シェパード>メンバー1人が調査捕鯨船に侵入(毎日新聞)
首相動静(2月11日)(時事通信)
山口大で研究費不正1億3千万円、教授解雇へ(読売新聞)
<お別れの会>立松和平さん=3月27日、東京の青山葬儀所(毎日新聞)
足利事件 検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪(毎日新聞)

ガールズバー、大阪・宗右衛門町では… 客引きもイメージダウン(産経新聞)

 「ガールズバーいかがですか?」。ネオンの光に包まれた大阪・ミナミの宗右衛門町。実際に店に行き問題点を探ってみようと歩くと、コート姿の若い女性たちが次々と声をかけてきた。多いときは交差点に5~6人の女性が立ち相手をしきれないほど。ミニスカート姿や清楚な女子大生風など、格好もさまざまだ。

 控えめに声をかけてきた女の子のけなげさに誘われ、雑居ビル2階にある店に入った。料金は焼酎やウイスキーなどの飲み放題で1時間2千円。昼間は専門学校生という19歳の女の子と、カウンター越しにとりとめのない話をする。

 店内の女性は4人。「バーテンダーが女性」という建前だが、カウンター内でカクテルを作っている様子はない。いずれもキャバクラのような派手なドレスは着ておらず親しみやすい雰囲気。身構えずに楽しめるのが人気の秘訣(ひけつ)と納得する。

 会話が盛り上がったところで「飲んでもいいですか?」とドリンクをねだってくる。笑顔で求められると断れない。結局2人が小さめのグラスでビールを計4杯飲み、1時間で店を出ると会計は1万2千円。内訳を聞くと女性のドリンクは1杯2千円という。どこにも表示はなかったが、今まで話していた笑顔の女の子に文句は言えない。

 別の店では“おねだり”を断ってみた。一瞬気まずい雰囲気が流れ、しばらくすると別の女の子に交代した。女の子へのドリンクは、気持ちよく接してもらうための「サービス料」と、気に入った女の子をつなぎ止めるための「指名料」であることに気付く。

 別の店では、ホームページで料金を表示しており、女性にドリンクをおごっても客のものと料金は同じ。男性店長(24)によると、それでも黒田さんの事件後は新規客が減り、路上で声をかけても「ぼったくりなんやろ?」と言われることも多いという。

 「一気にイメージが悪くなった。本当にいい迷惑です」

(八木択真)

【関連記事】
ガールズバー経営者を逮捕、中学生大麻所持事件 兵庫県警
中学生大麻事件でガールズバーを捜索 神戸
法善寺横丁のガールズバーが出店断念、無料案内所も閉鎖
ガールズバー無許可営業 オーナーも逮捕
「立って接客」も風営法違反 東京・赤坂のガールズバー摘発

山スキーで不明の4人を発見 長野県警(産経新聞)
<脱税>3年間で2億円所得隠しの疑い 大阪の高級クラブ(毎日新聞)
市立病院職員が覚せい剤=事務トップ、使用容疑で逮捕-神奈川県警(時事通信)
火災 住宅の一部焼き女性死亡 男性が重傷 東京・大田(毎日新聞)
「吉野家」に強盗 刃物男が18万円奪う 東京・浅草橋(産経新聞)

首相動静(2月8日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時20分、松井孝治官房副長官が入った。
 午前8時43分、松井氏が出た。
 午前8時50分、公邸発。「内閣の不支持率が支持率を初めて上回ったが」に「謙虚に、真摯(しんし)に受け止める」。同51分、国会着。同53分、衆院第1委員室へ。同9時3分、衆院予算委員会開会。
 午後0時4分、衆院予算委休憩。同5分、衆院第1委員室を出て、同7分、国会発。同8分、官邸着。同10分、執務室へ。同12分から同25分まで、小沢一郎民主党幹事長。
 午後0時29分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時46分、首相会議室を出て、同48分、官邸発。「小沢幹事長は続投の方向でよいか」に「…」。「辞任ではないか」に「…」。同49分、国会着。同51分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院予算委再開。
 午後5時4分、衆院予算委散会。同5分、衆院第1委員室を出て、同7分、国会発。同9分、官邸着。同10分、執務室へ。
 午後5時28分、執務室を出て大ホールへ。同29分から同36分まで、報道各社のインタビュー。「きょうの小沢幹事長との会談の内容は」に「いろいろと心配を掛けた(と言われた)。(これからも幹事長を)続けてよろしいかと尋ねられたから、『はい』と申し上げた」。同37分、大ホールを出て執務室へ。
 午後5時57分、執務室を出て、同6時2分、大会議室へ。同4分、パレスチナ自治政府のアッバス議長との会談開始。武正公一外務副大臣ら同席。
 午後6時44分、会談終了。同47分、大会議室を出て南会議室へ。
 午後6時48分から同7時1分まで、同議長と共同記者発表。同2分、南会議室を出て小ホールへ。同4分、首相主催の夕食会開始。
 午後8時15分、夕食会終了。同16分、小ホールを出て、同17分から同19分まで、官邸玄関で同議長を見送り。同20分、執務室へ。
 午後8時23分、執務室を出て、同24分、官邸発。同25分、公邸着。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

内服薬は1回量を記載=処方せんの書き方統一へ-伝達ミスを防止・厚労省(時事通信)
<衆院予算委>内閣の政治姿勢、12日に集中審議(毎日新聞)
首相動静(2月6日)(時事通信)
税の恩典があり、確実にもらえる 国民年金基金のメリット強調していきたい 国民年金基金連合会 松本省藏理事長に聞く(J-CASTニュース)
【ショートトラック】駆けろ「美馬」 名付けた祖父も応援(産経新聞)

放火容疑で27歳女逮捕=「給料が安くいらいら」-警視庁(時事通信)

 自宅アパートのごみ置き場に放火したとして、警視庁練馬署は9日までに、建造物等以外放火容疑で、東京都練馬区桜台、風俗店従業員浦田数音容疑者(27)を逮捕した。同署の調べに「給料が安くいらいらしていた。やれば気が晴れた」と述べ、容疑を認めているという。
 同署によると、先月下旬から今月上旬にかけ、同アパートではごみなどが燃える不審火が数件あり、関連を調べている。
 逮捕容疑は6日午前1時15分ごろ、自宅の木造モルタル2階建てアパート脇のごみ置き場で、段ボールにライターで火を付けた上、近くに止めてあった住民の自転車1台を投げ入れて燃やした疑い。 

【関連ニュース】
わいせつDVD店に部屋転貸=不動産会社を初摘発
男性殺害容疑で暴力団組員逮捕=金銭トラブルか
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕
ほかにも男2人が関与か=11年前の男性殺害

北沢防衛相が陸自幹部の処分を検討 「信頼してくれでは同盟は維持できない」発言で(産経新聞)
千葉大生殺害事件、強殺・放火容疑で逮捕へ(読売新聞)
「ここでは申し上げない」鳩山-小沢会談について首相(産経新聞)
<平野官房長官>外交機密費上納、官邸の調査不能 (毎日新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 俳優・小西博之さん(50)(産経新聞)

【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月5日の総会で、診療報酬明細書(レセプト)並みの明細書の発行義務化について、レセプトを電子請求している全医療機関に拡大する方針を了承した。

 現在、レセプト並みの明細書の発行は、レセプトを電子請求している病院に、患者が希望した場合にだけ原則義務付けられている。明細書の発行義務を、レセプトを電子請求しているすべての医療機関に拡大する案については、3日の総会でも検討されたが、診療側から事務作業・費用負担の増大に対する懸念や、病名を伏せている患者にまで情報が伝わる可能性などが指摘され、継続審議となっていた。
 5日の総会では、厚生労働省が前回の議論を踏まえた修正案を提示した。修正案では、「すべての患者に対して明細書を無料で発行」としていた内容について「原則として明細書を無料で発行」に変更。DPCに関する明細書での医薬品や検査内容の付記については「望ましい」という表現から「原則とする」に変わった。
 また、明細書の発行義務を免れる「正当な理由」については、(1)明細書発行機能がないレセプトコンピューターを使用している(2)改修しなければ明細書が発行できない自動入金機を使っている―となった。なお(1)または(2)に該当する医療機関が明細書を発行した場合、実費徴収が認められる。また、義務化拡大に併せ、2010年度以降に明細書の発行枚数や発行に伴う患者の待ち時間の変化、発行のための設備整備にかかった費用などを検証することも決まった。


■「明細書発行体制等加算」の新設なども了承
 総会では、▽都道府県番号と点数表番号、医療機関コードを処方せんや調剤レセプトに記載する「処方せん様式等の見直し」▽レセプトを電子請求、明細書を無料発行し、院内掲示などをしている診療所への「明細書発行体制等加算」―の新設も了承された。


【関連記事】
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大、継続審議に
日本中の患者を“中医協委員”に
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問-長妻厚労相
【中医協】患者への明細書発行めぐる議論開始
【中医協】レセプト並み明細書、「無料」が7割超

街角景気、2カ月連続改善=基調判断は据え置き-内閣府(時事通信)
将棋 王将戦七番勝負第3局 静岡県掛川市で始まる(毎日新聞)
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
外出伴う公務見合わせ=陛下、体調万全でないと宮内庁(時事通信)
大雪と強風 北日本から北陸の日本海側で 交通機関に乱れ(毎日新聞)

創志学園にペナルティー=財源不足のまま大学新設-文科省(時事通信)

 環太平洋大(岡山市)の開校時に約4億4000万円の財源不足を隠したまま認可を受けたとして、文部科学省は5日、学校法人創志学園(神戸市)に対し、2014年度まで大学、学部などの新設を認めない措置を通知した。
 文科省によると、同法人は06年4月に大学新設を申請。同11月末に認可されるまでに、当初計画になかった運動場の用地を取得して設置財源が不足し、法人の運転資金で補っていたことが今年度になって発覚した。申請書の変更手続きも怠っていた。
 同法人はほかに愛媛女子短大(愛媛県宇和島市)などを運営している。 

【関連ニュース】
補助金2年間ゼロに=第一藍野学院の虚偽申請
新学部5年間認めず=虚偽申請の第一藍野学院
3億9000万円返還を命令=第一藍野学院に

ハイチPKO派遣、第1陣が午後出発(産経新聞)
<火災>住宅の一部焼け、82歳遺体を発見 千葉・船橋(毎日新聞)
石川議員を保釈=深く一礼、無言で車へ-大久保、池田被告も・陸山会事件(時事通信)
比較的速い判断=トヨタのリコールを評価-経産相(時事通信)
75歳以上のドライバー、「運転能力に自信ない」は2.8%―警察庁(医療介護CBニュース)

ペット飼育小屋火災、犬70匹焼死…奈良(読売新聞)

 7日午後6時30分頃、奈良県葛城市大屋、ペット業者「ワンワンハウス」の飼育小屋から出火、木造平屋2棟計約85平方メートルを全焼した。小屋の中にいたダックスフントやシーズーなど犬約70匹が焼け死んだ。

 高田署の発表によると、同施設には3棟の飼育小屋があり、計約250匹を飼育していた。うち1棟の石油ストーブ付近が激しく焼けていたという。

 現場はJR和歌山線大和新庄駅から西約1・5キロの田園地帯。

【話題の本】『あねチャリ』川西蘭著(産経新聞)
【人・街・声】新宿の訪問歯科医 人のつながりが蘇らせた笑顔(産経新聞)
<上智大>教職員が窮乏学生支援 ボーナス減らし奨学金創設(毎日新聞)
<火災>犬小屋全焼、70匹が焼死 奈良(毎日新聞)
<訃報>吉田実さん85歳=元いすゞ自動車専務(毎日新聞)

学テ、市町村名伏せ公開=京都府教委(時事通信)

 京都府教育委員会は5日、2008年度に実施された全国学力テストの市町村別結果について、自治体名を伏せて公開すると決めた。府情報公開審査会は、自治体名を含め原則開示すべきだと答申していたが、府教委は「(自治体名を公開した場合)市町村教委との信頼関係を損ない、授業がテスト対策に偏る恐れがある」と判断した。 

【関連ニュース】
教員が生徒の誤答を指摘=中1の学力テストで
学力テスト、3割抽出に=実施要領を通知
高校無償化に3933億円=10年度予算案〔教育〕
体力も地域差固定=秋田、福井が上位-2年目の全国テスト・文科省
4割抽出は堅持=全国学力テスト

<小沢幹事長>キャンベル米国務次官補と会談 内容明かさず(毎日新聞)
障害者の定義を「社会モデル」へ―制度改革推進会議(医療介護CBニュース)
小沢氏不起訴 法廷攻防へ 人権派ら異色弁護団 検察も総力戦(産経新聞)
オリックス小瀬選手、キャンプ宿舎で転落?死亡(読売新聞)
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府(時事通信)

見えぬタンス預金、「ゼロ」が半数…衆院資産公開(読売新聞)

 8日に公表された衆院議員資産等報告書では、480人の議員のうち236人が「預貯金ゼロ」と報告した。

 ところが、読売新聞が閣僚や各党幹部、民主党の新人議員など計300人に、報告の対象にならない普通預金や現金の額をアンケートした結果、8割以上が未回答で、金額を明かした39人のうち「1000万円以上」と回答した議員も4人いた。

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件でも、小沢氏は4億円以上の現金を事務所に保管していたと説明しており、巨額の“タンス預金”が公開されない現行制度のあり方が改めて問われそうだ。

 国会議員資産公開法で報告を義務づけているのは土地や建物のほか、定期の預貯金や株式、100万円を超える自動車などで、普通預貯金と現金は対象外。閣僚の資産公開もほぼ同様で、昨年10月、定期の預貯金がゼロとした長妻厚生労働相も記者会見で「子供のための郵便貯金(891万円)があるが、普通預金も多少ある」と述べていた。

 今回、定期の預貯金がゼロとした236人のうち民主党議員は153人で、新人議員が77人と大半を占めたが、小沢氏や岡田外相、前原国土交通相、赤松農相らもゼロと報告した。

 このため読売新聞は今月6日までの1週間、鳩山首相と閣僚16人や小沢氏、自民党の谷垣総裁など各党の幹部16人のほか、事前に「アンケートには応じない」とした議員を除く民主党の衆院議員にアンケートを実施。「配偶者と合わせた普通預貯金と現金の総額」について〈1〉500万円未満〈2〉500万円以上~1000万円未満〈3〉1000万円以上~3000万円未満〈4〉3000万円以上――の選択肢を設けて回答を求めた。

 鳩山首相と小沢氏は未回答で、回答したのは全体の約17%の52人。閣僚のうち回答したのは赤松農相と前原国交相、仙谷行政刷新相の3人だが、「流動的で公開対象になじまない」などと金額は明かさなかった。

 金額を明かしたのは民主党の34人と自民党の石破政調会長、公明党の山口代表(参院議員)、共産党の志位委員長、改革クラブの渡辺秀央代表(参院議員)、新党日本の田中康夫代表の計39人。うち500万円未満が30人と大半を占めたが、5人が「500万円以上~1000万円未満」と答えたほか、いずれも民主党新人の今井雅人、長島一由、石津政雄の3議員と、共産党の志位委員長が「1000万円以上~3000万円未満」と回答した。

 これについて今井氏は「多額の普通預金を持っていても、報告の義務がないのは違和感がある。法改正を検討すべき」と指摘し、長島氏も「普通預金の公開については法改正を検討すべきだ」と語った。志位委員長も「法改正を検討すべき」と回答したが、石津議員は「プライバシーがあるのですべて公開するのもどうか」と慎重だった。

 一方、「500万円未満」と回答した民主党の杉本和巳議員は「普通預金に大きな金を入れておけば、資産はいくらでも少なく見せられる」と語り、同党の中野寛成議員も「本当に資産のない議員が、隠しているのではないかと勘ぐられるようでは困る」と法改正の検討を支持している。

NHK職員が公然わいせつ=容疑で逮捕-警視庁(時事通信)
「政治主導」の看板に偽りあり?(産経新聞)
石川議員は自発的辞職を=社民国対委員長が重ねて要求(時事通信)
朝青龍引退の号外、驚きの声(読売新聞)
窃盗容疑の男、池で水死=重文「観音坐像」盗難事件-福岡県警(時事通信)

<名古屋ひき逃げ>車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の国道1号交差点で1日未明、信号待ちの男女3人が乗用車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、車内の座席部分に毛髪と血痕が残されていたことが愛知県警熱田署特別捜査本部の調べで分かった。特捜本部は毛髪などを採取して鑑定するとともに、現場から逃走した外国人風の男女3~4人の中に負傷者がいるとみて、周辺の医療機関などを調べている。

【事故の一報】名古屋ひき逃げ:歩道に車、3人死亡…男女4人が乗り捨て逃走

 捜査幹部によると、事故車は高速で国道脇の駐車場のフェンスに激突し、フロント部分などが大破した。しかし車内の損傷はそれほどでもなく、エアバッグも作動していなかった。乗っていたとみられる男女が直後に走って逃げたことから、当初、けがはなかったとみられた。だがその後の捜査で、座席に毛髪と複数の血痕が残されていたことが判明。特捜本部は男女が事故で負傷した可能性が高いとみている。

 また特捜本部は車内からバールなどの工具や携帯電話などの遺留品も押収。通話履歴などからブラジル人が使用していたとみられ、このブラジル人が逃げた一人の可能性があるとみて調べている。

 特捜本部によると、車は事故直前の1日未明、不審車両として熱田区内でパトカーに追跡され、約10分間、同区内や隣接する同市瑞穂区を回った後、突然速度を上げてパトカーを振り切った。【山口知】

【関連ニュース】
【遺留品が】名古屋ひき逃げ:ブラジル人の携帯 遺棄車内から
【写真特集】交通事故:京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが
【写真特集】交通事故:悲惨 乗用車が真っ二つ
沖縄ひき逃げ:米兵を追起訴 読谷村・男性死亡
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕

石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 民主・山岡氏(産経新聞)
火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
衆院選比例選の配分訴訟、東京高裁が請求棄却(読売新聞)
盛りだくさん「恵方」行き列車、1年の福願う(読売新聞)
<第三国定住>ミャンマー難民の面接開始(毎日新聞)

<天皇、皇后両陛下>メキシコ大統領夫妻と会見(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は1日、皇居・宮殿でメキシコのカルデロン大統領夫妻と会見した。引き続き昼食会を催し、皇太子さま、高円宮久子さま、長女承子さまが同席した。

 宮内庁によると、会見では大統領が今年はメキシコがスペインからの独立運動を始めてから200周年など記念すべき年に当たり「ぜひこの機会に」と両陛下の同国訪問を招請した。天皇陛下はメキシコ市の大気汚染改善などの話題を取り上げ、両国の公害対策などが話し合われたという。

薬事審不承認でも解約できず=新型インフルの輸入ワクチン-厚労省(時事通信)
覚せい剤2・5キロ、MDMA2000錠も(読売新聞)
<バレエ>15歳・佐々木さんが3位入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
<子ども手当>11年度満額支給は困難 野田副財務相(毎日新聞)
被害者になるかも…不審死で警察が2人に警告(読売新聞)

関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意-気象庁(時事通信)

 気象庁は1日夕、関東甲信地方では同日夜から2日未明にかけて広い範囲で雪が降り、甲信南部などで大雪になる所もあると発表した。日本の南海上に前線があり、前線上の低気圧が発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過するため。交通機関の乱れや路面の凍結、電線への着雪に注意が必要という。
 2日午前6時までの降雪量は、多い所で、山梨県が30センチ、長野県と関東北部、神奈川県西部、埼玉県秩父地方が15~20センチ、関東南部の平野部が10センチ。 

【関連ニュース】
日本海側、14日も大雪=引き続き警戒を
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響
全国で荒れた天気に=低気圧発達、冬型強まる
西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風

【from Editor】1945→2136(産経新聞)
<舛添要一氏>「首相」宣言 新党結成は否定(毎日新聞)
山崎派事務所、来月末で閉鎖(時事通信)
<企業献金>与野党に温度差 規正法改正が焦点に(毎日新聞)
【中医協】医療機器5件の保険適用を了承(医療介護CBニュース)

【金曜討論】外国人参政権 北脇保之氏、亀井静香氏(産経新聞)

 永住外国人に対する地方参政権付与をめざし、民主党の小沢一郎幹事長が関連法案の今国会提出に意欲を示している。しかし閣内、民主党内でも賛否は分かれ、連立を組む国民新党の亀井静香代表も「参政権は憲法上、日本人固有のもの」と反対の立場を貫いている。一方、日本でもっともブラジル人が多く住む浜松市で、市長として多数の永住外国人と向き合ってきた北脇保之東京外大教授は「現実に合った形で、外国人を受けいれるべきだ」と参政権を付与すべきだとの立場だ。

                   ◇

 ≪北脇保之氏≫

 ■社会安定と発展に必要

 --なぜ永住外国人に地方参政権を付与すべきだと考えるのか

 「浜松市はブラジル人が最も多い町で、定住化が進んでいた。彼らが日本社会に参加し、生活することは当人にも、日本社会が安定し発展するためにも必要だ。今まで日本の外国人受容は、社会参加の方向に行っていなかった。地方自治は住民が担うもので、永住外国人の意見も反映させたほうがいい。外国人の権利を向上し、社会参加を進める社会統合政策の一環として参政権は認めるべきだ」

 〇国籍取得とは区別

 --帰化で参政権は得られる

 「参政権と国籍取得は、別々に考えた方がいい。日本国籍を取得したくない人も、地方自治体住民だ。自治体の施策決定段階に、外国人が参加することで責任を感じ、構成員の役割を果たせる。外国人が多数いる中、彼らとともに地域社会を作るべきだ」

 --参政権には主権問題が絡む

 「現状では地方参政権に限り永住者に付与するのが適当だ。国政参加は主権との兼ね合いで問題だが、地方自治では国民以外に参政権を認めても違憲ではないと平成7年、最高裁判例でも出ている」

 --国政と地方政治は密接だ

 「国と地方自治の関係で問題になるのは周辺事態法だが、緊急事態で地方自治体は住民の生命を保護しようとするわけで、国籍で差別しない。今、いろいろな党が提案しているのも選挙権であって被選挙権ではない。外国人参政権は立法政策の問題といわれているのだから、現状に合わせ、限定した形で認めればいいと思う」

 〇社会サービス維持

 --最近、地方議会で反対決議が続出している

 「少子高齢化とグローバル化が進む中、日本の経済成長と社会サービス維持には人口学、経済学的に外国人受け入れ抜きでは考えられない。今の不安定な経済状況では、社会が外国人を必要としない雰囲気が出る。しかし外国人受け入れをどうするかという出入国管理政策や、外国人をきちんと処遇するにはどうすべきかという統合政策についての全体的議論の中で、参政権を考えることが大事」

 --参政権を付与しないため、生じる問題はあるのか

 「浜松では外国人だけで生活が完結し、交流が少ないという問題があった。外国人の自治体施政参加が認められれば、外国人コミュニティーの自己完結を防げる。ドイツでは、イスラム系コミュニティーと独社会が交わらない状況があり、軋轢(あつれき)の原因になった。政治参加の道を開くことが大事だ」

 --現政権の取るべき道は

 「外国人政策や移民政策は国家戦略局が取り上げるテーマにふさわしい。中長期的経済戦略、社会保障政策も大事だが、移民政策はもっとベースの問題で、政治主導を発揮してほしい」(飯塚友子)

                   ◇

 ≪亀井静香氏≫

 ■憲法上では日本人固有

 --平成7年の最高裁判決の傍論で、立法措置があれば地方参政権付与は違憲でないとされた

 「参政権は日本人固有のものとして憲法上、規定されている。傍論は参考意見であって、正面から参政権を認めているわけではない。日本が(朝鮮)半島を植民地的支配をし、屈辱的な思いをかけたことには心からおわびをしなければならないが、そのことと参政権付与は別の問題だ」

 ●帰化されればいい

 --打開策は

 「参政権を得てわが国にコミットしたいなら、帰化をされればいい。帰化の要件を実態に合ったかたちで緩和すればいい」

 --国政への参政権でなければ付与すべきだとの声もある

 「外国人が多数を占めている地域の場合、首長選や地方議員選で日本人の固有の権利が侵される危険性が生まれる。地域の警察などの命令・強制の権力作用にまで参加することもあるし、間接的だが国政に強い影響力が生まれることにもなる。それは避けるべきだ」

 --納税しているのだから、地方参政権ぐらい付与してもいいのではないかとの意見もある

 「地域で生活し、電気も水道も道路も公共施設も使っておられるわけだから、税金を払うことは当たり前のことだと思う」

 ●権利だけ付与では対立

 --欧州などで地方参政権を付与している国が多いとの指摘もある

 「外国の場合、民族間の融合などで日本とは違った状況があると思う。民族問題を軽々しく扱うべきではない。外国で認めているから日本も、という相互主義を参政権に単純に適用していいことはない。帰化し(日本に)同化していく方法を選ぶべきであって、同化をしないで権利だけ付与していく場合、逆に民族間の対立を生んでいく危険性がある」

 --民主党が参政権付与に前向きなのは、昨年の衆院選で在日本大韓民国民団の支援を受けたからだとの見方もある

 「そういうことはないと思うが、『選挙で応援してもらったから参政権を』というようなことは、むしろ国民の同感を得られなくなるのではないか」

 --鳩山由紀夫首相は27日、「連立与党の中でまとまることが最低限必要で、簡単ではない」と述べた

 「現実を言っているだけだ。国民新党が賛成しないと政府としては法案を出せない。議員立法で出すなら別だろうが、逆立ちしてもできない。首相も分かっている。民主党内に参政権を付与すべしという声があるから、それを配慮した発言も首相は時々しているが、今国会に提出できないことは間違いない。こういう問題は、時間をかけて、国民的な合意を図っていくべきだ」(斉藤太郎)

                   ◇

【プロフィル】北脇保之

 きたわき・やすゆき 東京外国語大多言語・多文化教育センター長、教授。昭和27(1952)年、静岡県生まれ、58歳。東大法学部卒。自治省入省後、米コーネル大院修了。福岡市財政局長などを経て平成8年、新進党から衆院選初当選。11年、浜松市長に当選、2期務め、19年から東京外大教授。

                   ◇

【プロフィル】亀井静香氏

 かめい・しずか 郵政改革・金融担当相。衆院議員。昭和11(1936)年、広島県生まれ。73歳。東大経済学部卒。化学会社、警察庁を経て、54年に衆院選に初当選。現在11期目。平成13年から「死刑廃止を推進する議員連盟」会長。17年、自民党を離党し、国民新党結党。現在、党代表。

大橋被告の死刑確定へ=岐阜、大阪で連続女性殺害-最高裁(時事通信)
<バレエ>15歳・佐々木さんが3位入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
ハイチ復興 ネット支援広まる 詐欺も横行ご用心(産経新聞)
練炭自殺、車内に矛盾点…連続不審死(読売新聞)

宝くじ28億円的中男が殺されていた!…米フロリダ(スポーツ報知)

 賞金3100万ドル(約28億円)の宝くじに当選した米フロリダ州に住むトラック運転助手のエイブラハム・シェークスピアさん(43)が昨年4月から行方不明になっていた事件で、同州の保安官事務所は29日、遺体の一部が民家近くの地中から見つかったと発表した。AP通信など、複数の米メディアが伝えた。昨年4月から行方不明になっていた男性の背後には、当選後に近寄ってきた女性の影があった…。

 捜査当局の発表によると、人気のない民家の裏庭から発見された遺体から、シェークスピアさんと同一の指紋を検出した。コンクリートの下から発見されたことから、当局は殺人事件として捜査している。週明けには死因が判明しそうだ。

 AP通信などによると、シェークスピアさんは2006年にフロリダの宝くじに当選し、約28億円を手にした。母と一緒にタンパ東部の郊外に住み、トラック運転手の助手として働いていた。何とか読み書きができるほどの能力で、金には無頓着だったという。

 「宝くじが彼の人生を最悪のものに変えてしまった」と話す幼なじみは「みんな友人と思っていたが、ある時、彼らはみな金が欲しいだけなのだと気づいた」と打ち明けられたという。同僚のトラック運転手から「一緒に牛肉を飲食店に運搬している途中に、当たりの宝くじを盗まれた」と訴えられたこともある。結局、裁判で勝訴したが、最後まで人間不信は払しょくできなかったようだ。

 捜査当局は、殺人事件の重要参考人として、親しかった1人の女性に注目している。この女性はシェークスピアさんが07年に家屋を購入してから「あなたの本を書きたい」などと言って親しくなった。資金管理を任されていたとし、シェークスピアさんの口座や不動産の名義がその女性名義に変更された。男性の携帯電話も所持し、行方不明後には、本人を装って知人らにメールや電話をした記録も確認されている。

 さらに、女性は多額の援助を受けていたとして、長期旅行に出かけたり、高級車のハマーやコルベットなども購入。さらに、シェークスピアさんの遺体発見現場近くの民家の所有者は、この女性のボーイフレンドだった。女性は当初、捜査に協力的だったが、その後、供述を拒否。シェークスピアさんの行方については「当選金のことを聞かれたくないので町を出て行った」などと、地元紙に説明していた。

 この事件では、捜査員が捜査情報を女性に漏えいしたとして逮捕されているが、殺人にかかわった容疑者は逮捕されていない。あまりに、浮き沈みの激しい人生に、地元住民は沈黙を続けている。

 現代版「シェークスピアの悲劇」の結末は…。

 【関連記事】
フロリダ州 AP通信 捜査当局 を調べる

「検察は早期決着か」民主に動揺…小沢氏再聴取(読売新聞)
<東海道新幹線>一時不通…乗客3100人「缶詰め」疲労感(毎日新聞)
雑記帳 トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)
答弁拒否、閣僚席飛び出し…“国会崩壊”の様相(読売新聞)
船田前衆院議員が新潮社提訴(産経新聞)

雑記帳 節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん(毎日新聞)

 大阪・北新地の早春の風物詩「堂島薬師堂 節分お水汲(く)み祭り」を前に、舞を奉納する北新地の芸者らで構成するPR隊が27日、毎日新聞大阪本社を訪れた。

 祭りは2月3日、大阪市北区の堂島アバンザ周辺で開催。鬼が飲食店を回って厄払いする「鬼追い」や、開運招福のため、僧侶が水を汲む「お水汲み」がある。

 昨今の不況のあおりを受けて寒風吹きすさぶ北新地だが、「厄を払って商売繁盛。大阪を活気づけたい」と芸者の清一さんとさく与さん。自慢の舞を“呼び水”に気合は十分。【植田憲尚】

【関連ニュース】
鮒市:1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島
ノリ:佐賀産ならでは やわらかな口どけ 新ノリのシーズン到来
年明けうどん:正月の新風物詩 ブレーク、各メーカーが新商品を続々
初生け式:新年の風物詩 1300人で初生け--京都・池坊
初競り:新年の風物詩 大間産マグロ1628万円--東京・築地市場

埼玉不審死 殺人容疑で来週にも再逮捕 一連の疑惑、全容解明へ(産経新聞)
<裏金接待疑惑>前福岡県副知事を任意で事情聴取(毎日新聞)
新幹線停止 ボルト付け忘れ パンタグラフ 部品外れ架線切断(産経新聞)
<高松塚壁画>「カビ対策が不十分」 検討会が報告書素案(毎日新聞)
認可保育所の定員25万人増…子育てビジョン(読売新聞)

新幹線ストップ 運転再開後も混乱続く(産経新聞)

 停電の影響で東海道新幹線の運転見合わせが3時間以上続いたJR東京駅。運転は午後5時13分に再開したが、新幹線の乗り換え口ではその後も乗車待ちの乗客でごった返した。

 「この列車の指定席は有効ですか」「この切符の列車は何時に発車になりますか」。運転再開後、改札口付近では急いで列車に乗ろうとする乗客が、駅員らを取り囲む姿があった。「今後の乗客の状況により、(全席指定の)のぞみが全席自由席になることもあり得るので…」などと困惑した様子で質問に答える駅員たち。

 駅構内には、運転再開のアナウンスに続き、列車の発車順序や発車ホームを告げるアナウンスが次々に流れた。「こだま671号が18番線から」など、発車ホーム変更が続々とアナウンスされると、在来線乗り場から新幹線乗り場への階段に座り込んで待ち続けた100人近い人々は「えー」とうんざりした様子。列車の発車順序を改札内のモニター画面や電光掲示板で食い入るように見つめる姿も目立った。

 また「火事があってやっと再開したが、まだ大混乱。遅れると言っておいて」など、携帯電話で訪問先に連絡する男性も。

 再開をインターネットで知って駅に駆けつけたという広島市の男性会社員(62)は「仕事で東京に来たが新幹線が止まっていると聞き、仕方なくホテルの予約をしたところだった。予約を取り消して、購入しておいた列車に乗って帰ろうと思う」と話していた。

【関連記事】
停電でストップの東海道新幹線、運転再開
東海道新幹線、停電で一部運転見合わせ 架線切れ、復旧には時間も
踏切遮断棒折れ影響2万人超 尼崎のJR福知山線
JR阪和線で遮断棒折れ 堺市-三国ケ丘駅間の踏切
田園都市線つきみ野駅で女性が飛び込み 中央林間-長津田間が一時ストップ

自宅前で夫にはねられ妻死亡 東京・練馬区(産経新聞)
大久保秘書、関与ほのめかす供述=石川議員の報告了承か-04年分の虚偽記載(時事通信)
陸山会の不動産保有、首相「普通の議員では無理」(読売新聞)
ホリエモンが小沢氏聴取を分析(スポーツ報知)
<施政方針演説>「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり(毎日新聞)

<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)

 岐阜県産の茶葉を使って日本茶の缶飲料を製造する際「静岡茶使用お茶煎茶(せんちゃ)」と表記したとして岐阜県は29日、同県各務原市の飲料品製造会社「大東乳業」に対し、JAS(日本農林規格)法に基づく行政指導を行った。同社の佐橋正張社長は県に「以前は静岡茶を使用し99年ごろ岐阜県産茶葉に変えたが、表示を変え忘れていた」と説明しているという。

 県によると、同社は02年11月~今年1月6日、誤った表記の缶飲料約108万本を製造し、神戸市西区の飲料品販売会社「タイガー」に出荷。タイガーは近畿を中心に6都府県の同社の自販機約170台で販売した。

生活保護世帯に教育クーポン 反響 西宮のNPO法人 募金で達成(産経新聞)
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」-千葉県警(時事通信)
2次補正、きょう午後に成立(時事通信)
<贈呈式>毎日芸術賞、千田是也賞、毎日書評賞の受賞者祝福(毎日新聞)
<鳩山首相>小沢幹事長の続投表明「現在は支持」と述べる(毎日新聞)
プロフィール

うしおだてつさん

Author:うしおだてつさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。